「FUJIトレ」はじめ

Hits: 36

THE BODY VIKING 代表 藤田諒馬

理学療法士でありながら現在JARTA(Japan Athletes Rehabilitation Trainers Association)に所属。(株)Grand Lifeでは自費サービスTHE BODY VIKINGを設立し、代表を務める。その中でFUJIトレは、スポーツに必要な身体作りをテーマに様々なクラブ・団体をサポートし活躍している。

今回、FUJIトレを深く知ってもらうために取材をし、藤田の想いを記事にしていく。

FUJIトレの始まり

  FUJIトレって何ですか?

藤井 私がFUJIトレに加入した時にも聞いたと思うのですが、改めて記事を書くためにもきっかけ・概要を聞かせてください。

藤田 身体の使い方が不十分なままでスポーツというハイレベルなパフォーマンスをしていることに疑問を感じていて、今まで足りなかった大前提である身体操作を伸ばすことで成長を加速させることができると思ったのが始まりです。特に小・中学生が大事な時期ですね。

藤井 小・中学生が基本だったのですね。

藤田 いわゆるゴールデンエイジですね。神経系が最も発達する時期にどれだけ身体の使い方をどれだけ解決しておくことが重要です。もちろん大人になってもパフォーマンスは変わるからどの世代でも重要だと思いますね。

  FUJIトレをやろうと思ったきっかけ

藤井 もともと興味があったという話は聞いた事がありましたが、実際のきっかけは何だったのですか。

藤田 スポーツ界には興味があったけどスポーツ界で理学療法士がやっているアイシングやテーピング、マッサージは必要なことではあるけどそれって選手個人でできたらいらなくなりますよね。
スポーツトレーナーとしてやっていける道を見出したかったんです。

藤田 そこでごっちゃにされるのがスポーツジムトレーナーで、
あれはフィットネスとかで、パフォーマンスアップとはイコールではないけど一般認識としては同じものとして捉えるからそこの認識も変えて行きたいですね。

藤井 私も理学療法士なので感じるものはありますね。鍛えるだけでは上手くいかないとも思います。

藤田 筋力があるやつが強いの認識が根深く浸透している気がします。スポーツの世界では、そんなことなくて細いけどボクサーって強かったりするけどなぜかその認識が薄いですよね。でも、身体操作に目が向いていないからこそ、伸びしろを感じるし、やっていかなければならないところだと思っています。

プロとしての責任

藤井 2年間やってきた中で一番印象に残っていることって何ですか?

藤田 トレーニングで身体が変化してきたという報告はもちろん嬉しいけど、印象に残っているのは、失敗の経験ですね。
あるサポートしている部活で大会中に熱中症になり試合を棄権したことがあったり、単純に試合で負けたという報告を受けると自分に何かできることがあったんじゃないかと考えます。
トレーナーとしてサポートさせてもらっている以上はそこの管理もできないとダメだし、もっと伝えなければならないことがあったんじゃないかとか伝える内容は考えなきゃいけなかったと思いました。

藤井 責任感というより覚悟がすごいですね。 気持ちとしては最初どれくらいの覚悟で臨みますか?

藤田 チームによるかな。はじめの契約の雰囲気だったり、監督・コーチがどれだけトレーナーに比重をおいてくれるかですね。

藤井 当たり前の話ですが、チーム全体が信頼してくれればくれるほどサポートにも力が入る感じですよね。もっともどう信頼してもらえるかという点も課題がありそうですね。

※続きは後日、掲載致します。

株式会社Grand Life 訪問看護ステーションAce THE BODY VIKING FUJIトレ、Codots所属 理学療法士所属。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA