「最期」を受け入れていく時代に

Hits: 27


訪問看護リハビリステーションAce 理学療法士 小杉哲也

Aceでは、営業総括責任者としても活躍している。

現在、日本人男性の平均寿命が81歳を超え、女性の平均寿命は87.26歳と世界二位を誇っている。日本は長寿時代を迎え、最近「終活」という言葉もよく耳にする。「終活」とは、葬儀や相続など人生の最期に対応する活動であり、また、長くなった高齢期をよりよく生きるために生まれた言葉である。

小杉氏は、人との関わり方を追求し、終活の新しい取り組みを考えている。


今回の取材では、なぜ「終活」なのか、どう未来を切り開いていくか。展望を伺ってみた。

時代の流れと終活

   良く生き、良く死ぬ

藤井:前々から「終活」に興味があったのですか?

小杉:「良く生き、良く死ぬ」という考えがもともとあってどうにかサービスとして形にしたいなと思っていました。

小杉:祖母の最期が、支える家族にとってあまりいい形ではなかったことが心に残ってますね。祖母が認知症で、母親が10年間くらい介護をずっとしていたけども最後亡くなる前に言われたのが「なんでこんなことするのっ」って言葉でした。それを母親がずっと気にしているんですよね。その時に介護者の想いが、伝わらないこともあるんだなって思いました。

小杉:「生きているうちに何をするか、何ができたか、何をしてあげたか」が本人、そしてその方を支える家族にとって、大事になってくるのかと思っています。

   なぜ今、終活なのか。

藤井:なるほど。そこで終活なのですね。

小杉:実は10年前くらいからこの言葉があって、浸透してきたのは、ここ5年くらいですかね。

藤井:そんな前からあったんですね。

小杉:週刊朝日の編集長さんが、考えた造語なんです。

小杉:終活ってお墓のこと考えたりとか、死ぬ前の旅行だったり、財産、どこで迎えるか、老人ホームなどの施設選び、死んだあとの埋葬はどうするのか、などを事前に考えて、死ぬ前の準備をすることですよね。つまりは「自分がどう在りたいかをちゃんと意思表示する」それを支援していきたいんですよね。

藤井:終活って一言ですが、様々な分野がありますよね。

小杉:私は、その意思表示を形にするお手伝いがしたいと思っています。対象者にとって、またご家族にとって何が最善なことなのかを様々な視点からアドバイスできるようになりたいんです。

  生きることを考える

小杉:最近、病院でも告知も当たり前になってきている時代なので、「死」がタブーではなくなっている印象ですね。

小杉:だからこそ、この取り組みが必要だと思います。

藤井:世の中に死を受け入れられてきているということですよね。リハビリの分野で働いていると高齢の方とお話しする機会が多いですが、生きている長さというよりは、生きている中での濃度をより大事にしている方が多いですよね。

小杉:そうですね。「どれだけ長く」よりも「どれだけ”良く”生きられたか」にフォーカスされはじめていると思います。職業を通して色々な方と出会い、色々な声を聞いてきたからこそ、終活は今後需要が増えてくる分野だと確信しています。

理学療法士として、人生に関わらせてもらう者として

藤井:祖母のエピソード以外に、終活へフォーカスした理由はありますか?

小杉:理学療法士の仕事が人と人との職業なので関わり方についてはずっと勉強していて、人から話を引き出すことは得意な方だと思っています。

藤井:前職場でも一緒でしたけど、患者様から人気でしたよね。現在は幅を広げて営業としても大活躍ですからね。

小杉:理学療法士としてはもちろんですが、その方の人生に少しでも関わらせていただく者としても、ちゃんと責任を持った仕事をしたいんですよね。

藤井:さっきも話しましたが、理学療法士として長く利用者様や家族と関わってきたからこそ分かる部分もきっとあると思うんですよね。ぜひ形にしていただきたいですね。

※続きは後日、掲載致します。

「FUJIトレ」選択肢を伝えられる場所。

Hits: 29

  トレーナーの課題

藤井:今現在課題に感じているところはありますか?

藤田:コーチから具体的な結果を求められることが多々ありましたね。

藤田:例えば、サッカーの動きと提供しているトレーニングの結びつきを聞かれることがありますね。なので、サッカーの動作分析はめちゃくちゃしています!(笑)トレーナーとして、感覚的にならないことを心がけています。チームによっては、フィジカル面での数値化した通知表の導入を監督・コーチと進めていますね。

藤井:試合の結果が全てでは無いとは思いますが、監督・コーチは気にせざるをえないですよね。

藤田:チームが勝ち続ける、結果を出したことで、それがトレーナーの成果のように取り上げられることがありますが、実際には選手たちの成果であるので、コーチ達が求めることが結果であってもトレーナーは勘違いしてはいけないですね。

藤井:トレーナーと監督・コーチ陣との連携が大事ですね。トレーニング理解がどこまであるかが、私たちの仕事につながるような気がします。

  お金と信用

藤井:実際にチームコンセプトによってもパフォーマンスは変わってくると思いますが、どうですか?

藤田:まずは、こちらが出来ることを明確に提示することですね。見栄をはってあれこれ何でもできますと言わずに、どのようなコンセプトや前提となることを考えているかを伝えるようにしています。それに対して、チームや監督、コーチ陣が一人のトレーニングに価値を置いてくれるかだと思っています。

藤田:スポーツ業界でよくあることですが、トレーナーが無償でサポートする、ちょっとだけやってあげるというような関わりをしているという話を聞くのですが、、、考え方次第かなと思います。自分の経験を積むという目的であれば良いのかもしれませんが、どこまで責任を持つのかという点について、チーム、選手のためにも考える必要があると思います。
責任を持つという意味でサポート料を頂いてやるのがプロかなと思います。

藤井:私も感じることですが、お金を払うことで本人もしくはチーム自体から信用が生まれるものだなと思います。

藤田:選手やその人その人の捉え方ですが、タダで受けるトレーニングと10万円するトレーニング、どっちのトレーニングを真剣に受けたいですか?笑

藤田:ちょっと大袈裟ですが、取り組み方に差が出るのであれば、トレーナーとしてそう言ったところも意識しないといけないと思っています。

  今後の展望

藤井:FUJIトレとしての今後の展望はありますか?

藤田:FUJIトレでクラブチームを持ちたいですね。

藤田:最初に話した、身体の使い方を楽しみながらスポーツに取り組めるクラブチームを作ってみたいです。

藤井:自由度が高い方がやりやすいですからね。責任も全てとれる場があるとこちらも全てをかけられると思います。

藤井:前の話に戻りますが、そのクラブチームの求めるところは、結果になってきますか?他に考えているところはありますか?

藤田:もっと先を考えていて、選手にとっても、ご家族にとっても、どういう選択肢があるかを伝えていけるクラブチームがいいですね!高校とか大学とか、将来に目を向けて。

藤井:時間がかかるとは思いますが、2年間やってきた中で最終ゴールはそこになるわけですね。おもしろいです。

藤田:そのゴールのためにも、今は関わっているチームに全力で向き合い、経験を積んでいきます。また新しいことを考えていますよ。

藤井:また、お話聞かせてください。

(構成/編集 藤井 徹平)

「FUJIトレ」はじめ

Hits: 36

THE BODY VIKING 代表 藤田諒馬

理学療法士でありながら現在JARTA(Japan Athletes Rehabilitation Trainers Association)に所属。(株)Grand Lifeでは自費サービスTHE BODY VIKINGを設立し、代表を務める。その中でFUJIトレは、スポーツに必要な身体作りをテーマに様々なクラブ・団体をサポートし活躍している。

今回、FUJIトレを深く知ってもらうために取材をし、藤田の想いを記事にしていく。

FUJIトレの始まり

  FUJIトレって何ですか?

藤井 私がFUJIトレに加入した時にも聞いたと思うのですが、改めて記事を書くためにもきっかけ・概要を聞かせてください。

藤田 身体の使い方が不十分なままでスポーツというハイレベルなパフォーマンスをしていることに疑問を感じていて、今まで足りなかった大前提である身体操作を伸ばすことで成長を加速させることができると思ったのが始まりです。特に小・中学生が大事な時期ですね。

藤井 小・中学生が基本だったのですね。

藤田 いわゆるゴールデンエイジですね。神経系が最も発達する時期にどれだけ身体の使い方をどれだけ解決しておくことが重要です。もちろん大人になってもパフォーマンスは変わるからどの世代でも重要だと思いますね。

  FUJIトレをやろうと思ったきっかけ

藤井 もともと興味があったという話は聞いた事がありましたが、実際のきっかけは何だったのですか。

藤田 スポーツ界には興味があったけどスポーツ界で理学療法士がやっているアイシングやテーピング、マッサージは必要なことではあるけどそれって選手個人でできたらいらなくなりますよね。
スポーツトレーナーとしてやっていける道を見出したかったんです。

藤田 そこでごっちゃにされるのがスポーツジムトレーナーで、
あれはフィットネスとかで、パフォーマンスアップとはイコールではないけど一般認識としては同じものとして捉えるからそこの認識も変えて行きたいですね。

藤井 私も理学療法士なので感じるものはありますね。鍛えるだけでは上手くいかないとも思います。

藤田 筋力があるやつが強いの認識が根深く浸透している気がします。スポーツの世界では、そんなことなくて細いけどボクサーって強かったりするけどなぜかその認識が薄いですよね。でも、身体操作に目が向いていないからこそ、伸びしろを感じるし、やっていかなければならないところだと思っています。

プロとしての責任

藤井 2年間やってきた中で一番印象に残っていることって何ですか?

藤田 トレーニングで身体が変化してきたという報告はもちろん嬉しいけど、印象に残っているのは、失敗の経験ですね。
あるサポートしている部活で大会中に熱中症になり試合を棄権したことがあったり、単純に試合で負けたという報告を受けると自分に何かできることがあったんじゃないかと考えます。
トレーナーとしてサポートさせてもらっている以上はそこの管理もできないとダメだし、もっと伝えなければならないことがあったんじゃないかとか伝える内容は考えなきゃいけなかったと思いました。

藤井 責任感というより覚悟がすごいですね。 気持ちとしては最初どれくらいの覚悟で臨みますか?

藤田 チームによるかな。はじめの契約の雰囲気だったり、監督・コーチがどれだけトレーナーに比重をおいてくれるかですね。

藤井 当たり前の話ですが、チーム全体が信頼してくれればくれるほどサポートにも力が入る感じですよね。もっともどう信頼してもらえるかという点も課題がありそうですね。

※続きは後日、掲載致します。